正しい漢方の選び方とは

この記事をシェアする

悩みを漢方で解決しよう

自分の症状を知ろう

鼻炎アレルギーに漢方が効くと言われていますが、どの漢方でも良いわけではありません。
それぞれの症状によって、ふさわしい種類が異なります。
悩んでいる症状に効果を発揮できる漢方でないと意味がないので、自分の症状を把握してください。

症状がわかったら、含まれている生薬の種類を調べましょう。
透明な鼻水が流れることや、くしゃみが止まらないことを改善したいなら麻黄や甘草といった種類の生薬が入っている漢方がおすすめです。
商品のパッケージを見ると、含まれる生薬が記載されています。
必ず確認して、自分の悩んでいる症状に効果を発揮できると確信できたら購入してください。
適当に選択しても効果を得られず、費用の無駄に繋がります。

どこで買えるものなのか

これまでに漢方を使ったことがない人は、どこで入手できるのかわかっていないと思います。
入手が困難だと思う人もいるかもしれませんが、実は近所のドラッグストアでも扱っていることが多いです。
ですから、漢方を購入したいと思った時にすぐ入手できるでしょう。
効果を最大限に発揮するコツは、症状が気になった時点で漢方を服用することです。

症状がひどくなってからようやく服用しても、期待した効果を得られません。
また効果を発揮するまでに時間が掛かるので、メリットが少ないと言われています。
そのため、自分の体調の変化に早く気づくことが大事です。
頻繁にくしゃみが出たり、鼻水が流れたりする時はもう服用するタイミングだと覚えておきましょう。


Topへ
戻る▲